電力自由化に向けて後悔の無い慎重な電力会社選びをしましょう

企業の工場や病院等への、特別高電圧向けの電力小売りサービスは2000年3月21日から既に実施されています。
また、契約電力500kW以上向けの小中規模のビルや工場等電力の小売りサービスは2005年4月1日より実施していたというのは、余り知られていない事なのかも知れません。
しかし一般家庭向けの電力の小売りが開始されるという事は、今までの都市ガス利用者にとっては、あり得なかった事です。
それを実行に移す時期を目の前にしている今、電力会社を家族の、あるいは自分の意図によって選択する事が出来る訳です。
この事の最大のメリットは、2016年4月から電気料金を格安にしてくれる電力会社を選べる事になり、出費を抑えられる事と言っても過言ではありません。
更に言えば、都市ガスと併用、携帯電話キャリアと併用、あるいはガソリンや灯油等と併用する事により、更に割引きされる電力会社のサービスもあるので目を離せません。
今度は異なった視点から、電力自由化を見てみましょう。
たとえば、どの様なエネルギーで電気を起こしているのかという点に注目すれば、バイオマス発電で電気を起こしている電力会社もあります。
バイオマス発電というのは、様々な形態がありますが、例えば樹木や建築廃材で出た木材を例に説明しましょう。
前述の木材等を焼却した時に出来る固体燃料を蒸気に変え、蒸気タービンを回して発電するという等の、自然重視の電力を作る方法も開発されています。
その他にも様々な電力会社があるので、納得の行く電力会社を選ぶ事が大切です。