東京での説明会などでの接待仕出し弁当の決め手

企業で開催する販売促進目的の展示会・新製品発表会などで開催する説明会、セミナー、講習会などでのお昼時、お客様を外食で接待しますか。
それとも、仕出し弁当ですか。
外食では、接待を受ける側も遠慮がちになりやすいですが、仕出し弁当だと接待という印象も薄れ、特にファーストコンタクトの顧客との会食では、会話もはずみやすいものです。
まぁ会話をはずませられるかどうかは、エスコートする売る込み側のスキルでもありますが。
だから仕出し弁当のメニュー選びは幹事にとっては悩ましい限りです。
高価で豪華すぎれば遠慮がちで口を閉ざしてしまいがちです。
安すぎても逆効果。
一番良いのは、安くて豪華に見えるもの。
例えば、豪華さに遠慮してたら、「実はそれいくらなんです。
」と明かしてしまうのも一手。
遠慮しないような1000円未満の金額だと、接待という気持ちよりは、メニュー選びでのホスピタリティを感じるものです。
東京には低予算で、豪華にみえる仕出し弁当ができる弁当屋さんは、多くはありませんが、銀座・夢乃膳兵衛なら、十分にそんなメニュー選びができます。
おすすめはコチラ