近所の付き合いを考える行動

近所には、必ずと言ってよいほどご意見番や専業主婦の方がいて、何かと言ってくる方々がいます。
そういった対応をしていくにも、近所付き合いを良くしていく方法ですが、文句ばかり言われていては、解決にもなりません。
松田直哉さんも引越してきてから、9件の住宅街の奥の2件にさっそく言われてしまいました。
車を脇に止めること、さらに葉っぱが飛んできたとか、家の猫が前を通ってうっとおしいとかです。
車はさすがに家の前に止めていては迷惑かと思い、なるべく留めないようにしましたが、葉っぱや猫が通ったという事で苦情を言われても仕方ないものです。
そこで、松田直哉さんは考えました。
文句を言っても言い返されるかもしれませんから、何か言ってきた際に相手をほめたのです。
いつも葉っぱ1つも落ちていないお宅は、素晴らしいですね。
猫がお宅様に通るのはお優しいからでしょう。
など、褒めることをしたら苦情が減りました。
近所づきあいは難しい物ですが、争いを避けるためにも方法で改善して行きたいものと松田直哉さんは考えます。