ゲストハウスの持ち主の家に足を踏み入れて

今日はゲストハウスの持ち主の娘の誕生日パーティーです。ゲストハウスの住人が一歩家の中に足を踏み入れると、ゲストハウスの持ち主の入り口にはミロのビーナスのような、裸婦像の上半身の部分が飾ってあります、上からはクリスタルの輝きが眩しいほどのシャンデリアが吊り下がっています。ゲストハウスの住人は余りの豪華さにあっけに取られています。ゲストハウスの住人は促されるままに、玄関ホールを抜けて家の奥へと入っていきました。ゲストハウスの持ち主のリビングルームは外からでも人達の声が聞こえるほど賑わっていました。ゲストハウスの住人は足を踏み入れると一気にパーティームードが溢れかえってっていました。