収益物件で確実に財産を形成させよう

8月2日のアメリカの債務上限引き上げ問題に、一定のメドがついたはずなのに、円高状態が変わらないのと同時に、世界的に株価が急落しました。
これでは、株はもちろん、投資信託や債権で財産の運用をしようとしても、とても二の足を踏んでしまいますよね。
こういうときは確実に、収益物件に目をむけることがいいのではないでしょうか。
特に不動産投資です。
リスクがないと言うと、それはウソになりますが、節税効果や相続税対策には効果的ですし、なにより、私的年金的な発想で、決まった時期に家賃収入があるのは魅力的です。
今なら、個人では大変だった事務手続きもしてくれる会社もでてきています。
将来のライフスタイルを形成するうえで、早めの行動を検討すべきではないでしょうか。