困ったときのナースコール

自分が病気にかかり、入院しているとき、一番不安になるのは症状が悪くなるのを
自分では予測できないことです。
 またそれはどこでどうなるかわかりません。病室かもしれませんし、トイレ、また病院内を移動しているときかもしれません。
 
そんなとき、すごく安心感を与えてくれるのがナースコールです。
当然24時間いつでも使えますし、困ったときはボタンを押すだけですぐに看護婦さんがかけつけて来てくださり、適切な処置をしてくれます。
 最近はこのナースコールが電子機器の発達により、無線のものも使用できるようになりました。これなら、どこにいても使用することができます。
とりわけお年寄りの方の入院が増えている今、このナースコールの需要は高まるばかりです。
 どんどん、進化していくことをみんなが期待しています。